6月のまとめ(その1)
6月の読書メーター
読んだ本の数:27冊
読んだページ数:6998ページ

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイルクラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル
ネタとしてはまだまだ陳腐化していないので、読んで損はないかも…。この本こそ、デジタルベースでクラウド上に置かれていなければ…とおもふのはわたくしだけ???(^^)
読了日:06月12日 著者:小山龍介
朝鮮半島201Z年朝鮮半島201Z年
「K子とJ子」の例えはなかなか的を射ていますね(^^) ただ、今後、日本が「渤海」の位置で影響力を行使するのはむずかしいんじゃないかなぁ…。20年経つと国際関係や地政学上の立場なんて予想もしない方向に流れていることなどざらですもんね。もしかすると、韓国(もしくは統一朝鮮)が中国勢力圏に入って「中韓台 VS 米日」の構図もあながち…(^^)
読了日:06月12日 著者:鈴置 高史
タイムマシンと時空の科学 (図解雑学)タイムマシンと時空の科学 (図解雑学)
これを読んでいると、「理論的」にはタイムマシンは実現できそーに思えますね(^^) そーいえば、最近、世界最大の加速器LHCのウワサがとんと聞こえてこないのですが、どないなってるんでしょ?ミニブラックホール生成実験やらヒッグス粒子証明やら量子重力理論の完成やら、たのしみにしてるのですが…(^^)
読了日:06月11日 著者:真貝 寿明
おたくの起源 (NTT出版ライブラリーレゾナント051)おたくの起源 (NTT出版ライブラリーレゾナント051)
「ヤマト」「ガンダム」「マクロス」へと続く新世代アニメの流れ。「OUT」「ファンロード」など、それを取り巻く雑誌。「DAICON IIIとマクロス」「DAICON IVとガイナックス」の章は、あまりの懐かしさに涙を流しましたねぇ(^^) これらのキーワードに胸をときめかせる貴女におすすめの1冊♪
読了日:06月11日 著者:吉本 たいまつ
原発事故…その時、あなたは!原発事故…その時、あなたは!
京大/小出先生の同僚であった故・瀬尾先生の遺作。出版当時は「へぇ〜」ってゆー程度でしたが、この時期に読み返してみると…。とくに最終章の「重大事故の予備知識」は、まさに今、目の前で進行していた事象をあらわしています。
読了日:06月11日 著者:瀬尾 健
朝日新聞の中国侵略朝日新聞の中国侵略
いまでは右翼から「国賊新聞」とも揶揄される朝日新聞ですが、戦争中は「国策新聞」として中国へ積極的に進出していった経緯を追った1冊。開戦から70年、確かに朝日新聞自身からの戦争責任論についても聞いてみたいものだ(^^)
読了日:06月11日 著者:山本 武利
華族令嬢たちの大正・昭和華族令嬢たちの大正・昭和
「皇室の藩屛として」何でも人のお手本にならねばならなかったのね。最近では、もう「ごきげんよう」も死語になってしまっているのかな。
読了日:06月11日 著者:
電動王国-モーターで動かす懐かしの玩具コレクション-電動王国-モーターで動かす懐かしの玩具コレクション-
うひゃ〜、これはなつかしいですねぇ♪タミヤの1/35スケールリモコン(ワイヤードね)戦車プラモ。小さい頃、よく作って動かしたなぁ。わたくし、ウォーカーブルドッグやチーフテンが好きでしたねぇ。あと、涙ちょちょぎれたのは「水中モーター マブチS1」ね(^^) 170円か180円くらいだったかなぁ。今ではもー手に入らないのね…
読了日:06月05日 著者:はぬまあん
ご当地ソング、風景百年史ご当地ソング、風景百年史
最近出た新刊本。結構、統計的手法で分析されているので「へぇ〜」って思うとこ大。きょうのiPodのお供は、このあたりの懐かしい歌をつめましょーかね(^^)
読了日:06月05日 著者:溝尾良隆
ひとりぐらしも9年めひとりぐらしも9年め
10〜16ページで紹介されている部分は、まさにいまのわたくしのライフスタイルと「おんなじ」です(^^) 東急池上線沿線のスーパーと八百屋さん Love♪
読了日:06月05日 著者:たかぎ なおこ
NHKサイエンスZERO ミトコンドリアの新常識 (NHKサイエンスZERO)NHKサイエンスZERO ミトコンドリアの新常識 (NHKサイエンスZERO)
高校生の「生物」で習ったミトコンドリア。みなさんはどんなイメージを持っていますか?模式図に記載されていたカプセルみたいな絵と緑色っぽいのがいくつか細胞内に浮かんでいるイメージ?これを読むと、これまで持っていた常識が覆されます(^^) ここ10年ほどで解明されたミトコンドリアの新しい知見をわかりやすい文体で説明してありますので、1時間もあれば生物学の最前線に関する常識をブラッシュアップできます(^^)
読了日:06月05日 著者:
世界を変えた発明と特許 (ちくま新書)世界を変えた発明と特許 (ちくま新書)
おもしろかったよー(^^) とくにキルビー特許とノイス特許のあたり。空中をおよぐ接続線1本(70番ね)を図面に記載したばっかりに…。あと原子炉にも特許があるのね。日本だけは戦時中のどさくさで認めず、戦後も最高裁は結局不服申し立てを棄却しているのね(名称は「原子力エネルギー発生装置」)。
読了日:06月05日 著者:石井 正

読書メーター

by lovekado | 2011-07-03 00:05 | きょうのほん
<< 6月のまとめ(その2) 110702きょうのばんごはん >>